美ら海水族館やきれいなビーチ!沖縄観光の魅力をたっぷりお届け!

- 沖縄は南国フルーツが有名

沖縄は南国フルーツが有名

沖縄県北部は南部や中部以上に自然が多く残る地区であり、また、沖縄の文化も色濃く残っている地区であります。
それだけに、沖縄旅行などで来た際には、沖縄を体験できるスポットなども多く存在しています。
沖縄は南国フルーツが有名でマンゴーやドラゴンフルーツ、またパイナップルも非常に有名です。
そのパイナップルにちなんだ観光スポットがあり、沖縄独特の南国の気候を体験することがでいます。
それが、沖縄県名護市にあり、那覇空港から車で約1時間半の所にある、「ナゴパイナップルパーク」です。

県道84号線を走っていると大きなパイナップルの置物があり、地元でも有名な観光スポットです。
ここでは、自動で動くガイド付きの乗り物のパイナップル号にのって、亜熱帯植物についての説明を受けながら、植物の中を通り抜けることができます。
また、パイナップルやパイナップルで作られた珍しいワインを飲むこともできたり、南国を味わうことも可能です。
中部地区の勝連城跡や中城城跡などとともに「琉球王国のグスク及び関連遺産群」に登録されている城跡が北部地区にもあります。
それが今帰仁城跡です。
ここは標高90〜100メートルの丘の上に気づかれており、もともとは、琉球が南山、中山、北山に別れて勢力争いをしていた時代に、北山王の衆生として沖縄北部を治めていました。
白の北と東側は70〜80メートルの渓谷となっており、また、古生期石灰岩でつみあげられた城壁は長さ1.5キロメートル、高さ3〜8メートルにもなり、その城壁の曲線が美しいことでも有名です。
また、城の門から本丸までは石畳が続いており、これも時代を感じさせてくれる美しさがあります。
城跡内は有料ではありますが、内側から見る景色には必見の価値があります。
沖縄で有名なものと言えば台風があると思います。
しかしながら台風は体験することはできませんが、その防風林を間近に見ることは出来ます。
それが、沖縄県国頭郡本部町にある「備瀬のフク木並木」です。
海岸に近いこの地域では、昔からフク木を防風林としてきました。
この並木には観光用に順路がありますが、周りを木々に囲まれているために迷子になったような感覚になると言われています。
しかしながら、その順路を通り抜けると、海が広がっており、その光景も都会では見ることの出来ない光景です。

関連記事: